なぜ日本人の名前に?「ホノルル空港」が「イノウエ空港」に名称変更!

ハワイの首都ホノルルにある、「ホノルル空港」が「イノウエ空港」に改名しました!


なぜ日本の名前が使われているのでしょうか?

スポンサーリンク




なぜハワイなのに「イノウエ」?





海外でのバカンスと言われて真っ先と思い浮かぶのはハワイですよね!


日本人にはお馴染みですが、違う国なのに「イノウエ」と日本人の名前がどうして付いたのか気になりますよね!


この名前は2012年に死去した日系2世の上院議員「ダニエル・ケン・イノウエ(日本名・井上建)」から来ています。


50年にわたって上院議員を務め、ホノルル空港の整備に尽力した功績を認められて今回の改名に至ったそうです。


ただ、混乱を避けるために旅行会社では「ホノルル空港」のまま案内していて、成田空港でも「ホノルル空港」と行先を表示しているそうです。


なので、実際に現地に行かないと改名してるかわからないですが、行ってみて本当に付いてるのを見たら日本人としてはおそらく驚きますよね!笑

海外では当たり前?人名がつけられた世界の空港





イノウエ空港のように空港の名前に人名が付けられるというのは、海外の空港を見てみると結構当たり前のようです。

ジョン・F・ケネディ(JFK)空港


ニューヨークにある空港で、アメリカの第35代大統領であるジョン・F・ケネディの名前が付けられています。


若くして大統領になりアメリカ国民から期待をされたケネディですが、1963年11月に暗殺されてしまいました。


その後、その功績をたたえられて名前が付けられました。

レオナルド・ダ・ヴィンチ空港


イタリアの首都ローマにあるフィウミチーノ空港の愛称で、日本からローマに行く際はほぼ必ず到着地となる空港です。


「最後の晩餐」「モナリザ」などの画家として知られるレオナルド・ダ・ヴィンチですが、空を飛ぶ羽ばたき機・ヘリコプター・パラシュートなどのデッサンと考察を残したことで、イタリアでは飛行機を人類最初に考案した人物とされているそうです。


飛行機と言えば、ライト兄弟のイメージがあるのですごく意外ですよね!


ローマの空港の愛称にその名が付けられてるのも納得できます!


その他にも、同じイタリアのピサにある、斜塔と重力の関係から付けられた「ガリレオ・ガリレイ空港」や、フランス・パリにある、大統領の名前から付けられた「シャルル・ド・ゴール空港」などその地に深い関わりがある人物の名前が数多く付けられています。





日本ではどうなの?





海外では空港の名前に人名を付けるのが当たり前になっていますが、日本でも最近変わった名前や愛称の空港が続々とできています!

高知龍馬空港


高知・土佐で思いつく歴史上の人物といえば、坂本龍馬ですよね!


そんな龍馬の知名度を活かして観光客を集めようと、2003年に日本で初めて人名が付いた空港として改名されました。


日本人からしたら一発で高知とわかりますし、地元の人も誇りを持って観光客を呼べるので良い試みだと思います!

鳥取砂丘コナン空港


一方で、こちらは鳥取にある空港で、漫画「名探偵コナン」の「コナン」の名が付いています。


原作のタイトルロゴをそのまま使用している日本初の空港だそうです。


鳥取なのにコナンかよ!と思う方が多いと思いますが、原作者の青山剛昌先生が鳥取県の出身ということと、有名なコナンとコラボして県をPRしよう!という狙いで付けられたそうです。


ただ、鳥取=コナンというイメージが全くないので、鳥取の人には申し訳ないですが正直違和感しかないですね笑


日本にも有名人の名前とかが付けられた空港がどんどん増えていけば面白くなりそうですね!


そのうち、熊本空港も「熊本くまモン空港」とかになるかもしれませんね笑




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする