旭川冬まつり 2019年のゲストや駐車場は?雪像や花火など見どころ満載のイベントを紹介!

2019年の旭川冬まつりは、2019年2月6日(水)~2019年2月11日(祝)にかけて行われます。


さっぽろ雪まつりに次ぐ、北海道で人気の冬まつりとなっています。


そんな旭川冬まつりの日程やゲストの情報などを紹介します。

スポンサーリンク




旭川冬まつりとは?




引用;たびらい



旭川冬まつりは、毎年2月に行われる旭川の冬のお祭りです。


今年でちょうど60回目の開催となります。


国内のみならず海外の観光客からも人気で、毎年約100万人の来場者が訪れる人気の冬まつりとなっています!


その人気ぶりは、さっぽろ雪まつりに次ぐ北海道の冬まつりと称されるほどです。

旭川冬まつりの歴史


旭川冬まつりが始まるきっかけは、1946年(昭和21年)に当時の観光協会の会長・佐藤門治が彫刻家の助言を受けて、雪像を芸術化しようと提案したことから始まります。


1947年(昭和22年)2月には「北海冬まつり」が行われ、アイヌの人達によるイヨマンテ(くま祭り)が繰り広げられます。


その翌年には、市内の小中学校や民間会社の前にも色々な雪像が作られはじめ、1949年(昭和24年)には旭川市も主催団体に参加し始めます。


その後、開催が途絶えていましたが、1959年(昭和34年)の秋に、祭りをやろうとの声が上がり、1960年(昭和35年)2月に「第1回旭川冬まつり」が開催されたのです。


かなり歴史のあるお祭りなんですね。

旭川冬まつりのポスター


旭川冬まつりのポスターデザインは毎年公募で決まります。


今年は、株式会社北日本広告社の曽我部大輔さんのデザインが採用されました。


曽我部さんによる今年のポスターのコンセプトは、次の通りです。

ポスターのコンセプト:60周年を迎え、その歴史を感じさせるコピー「冬の記憶は舞い降りる」をテーマに第1回目1960年の雪像「名古屋城」を配置し、第60回目2019年へ繋がるイメージで制作しました。あさっぴーが抱える雪だるまは、漢数字六〇とともにビジュアル化。「60年の記憶、想いをカタチにしよう!」がコンセプトです。

引用;旭川市


そのコンセプトでデザインされた2019年の旭川冬まつりのポスターがこちら。




引用;旭川市



確かに、祭りの歴史を感じさせるデザインですね!

スポンサーリンク





旭川冬まつり 2019年の日程・アクセス


2019年の旭川冬まつりは2019年2月6日(水)~2019年2月11日(祝)の計6日間にわたって行われます。

日にち 2019年2月6日(水)~2019年2月11日(祝)
時間 9:00~21:00
会場
  • 旭橋河畔会場
  • 平和通買物公園会場(旭川市宮下通~7条通)
  • 地図
    アクセス 旭川駅から無料シャトルバスで20分
    車:旭川鷹栖ICを降りて約15分
    シャトルバス乗り場


    引用;旭川市

    ※昨年の情報です。



    3日間でかなりイベントが盛りだくさんですね!

    旭川冬まつりの見どころ


    では、旭川冬まつりの見どころを紹介します。

    雪像




    引用;wikipedia



    北海道の冬と言えば、雪ですよね。


    その雪を利用した大きな雪像が旭川冬まつりの名物です。


    毎年、大・中・小様々なテーマに沿って雪像が作られます。


    雪像は、夜にはライトアップされるので、幻想的な姿を楽しむこともできます。

    大雪像


    特に力が入っているのが、メイン会場に作られる大雪像です。




    引用;旭川市



    大雪像は、旭川市内駐屯の陸上自衛隊第2師団が中心となり、約1ヶ月をかけて制作されます。


    かなりの力が入ってますね!


    2019年の大雪像は、祭りの60周年にちなんで、陸上自衛隊第2師団の前身である第七師団にゆかりのある旧旭川偕行社名古屋城を組み合わせたデザインとなっています。




    引用;旭川市



    完成した姿が楽しみですね!

    バルコニー雪像


    さらに、バルコニー雪像の壁面デザインは公募によって決められ作成されます。


    今年のバルコニー雪像は、「旭川へカジャ(行こう)!!」と題して、韓国の水原(スウォン)市と姉妹都市提携を結んで30年となるのを記念して、水原華城の玄関口である「八達門」を背景に旭川市のシンボルキャラクターである「あさっぴー」とチマチョゴリをまとった「ゆっきりん」がデザインされています。




    引用;旭川市



    可愛らしいデザインですね!

    ギネスブックにも載った!?


    祭りの会場が旭橋のたもとへ移されたことにより、登場する雪像は巨大化が進んでいました。


    そんな中、1987年に作られたメイン雪像の「ガリバー城」は、世界一大きな雪像という事でギネスブックに掲載されました!


    ギネスに載るなんてすごいことですね!


    さらに、1994年には、メイン雪像の「韓国世界遺産・華城」が同じくギネスブックに掲載されました。


    新たにギネスブックに載るような大雪像は今後作られていくんでしょうか?

    スポンサーリンク





    オープニング・フィナーレの花火




    引用;北海道じゃらん



    旭川冬まつりでは、メイン会場の大雪像でプロジェクションマッピングと花火の演出が行われます。


    光と音の演出がとても幻想的で美しいステージを見せてくれます。





    とても素晴らしい演出ですね!


    花火がいつ打ちあがるかはまだ発表されていませんが、例年ですと祭りの初日と土日、そして最終日の19時頃から花火の開催があるようです。


    冬の花火もめったに見れない光景なので、見る価値は大いにありそうですね!

    氷彫刻世界大会




    引用;旭川市



    旭川冬まつりの期間中に開催される氷彫刻の大会です。


    日本国内で唯一実施される公式国際大会なんだそう。


    2019年は、国内外から個人戦26基・団体戦23基の計49基が参加予定です。


    2月6日午後7時から2月8日午前11時まで競技が開催され、完成した作品は旭川駅前からロータリーの間の通り(旭川市宮下通~7条通)に、旭川冬まつりの期間終了まで展示されます。


    夜にはライトアップもされるとのこと!


    冬まつりの帰りにでも、ぜひ見物してみたいですね!

    スノーアクティビティ


    会場では雪像以外にも、冬ならではの様々なアクティビティを楽しむことができます。

    • ロング滑り台
    • スノーバナナ
    • スノーラフティング
    • 雪の巨大迷路
    • ミニ雪だるま製作コーナー
    • ゾーブボール
    • チュービングコーナー


    大人から子供までだれでも楽しめるものばかりですね!

    毎年ゲストが参加!


    旭川冬まつりでは毎年メインステージにゲストを呼んで祭りを盛り上げます。


    昨年は、2017年に大ブレイクしたお笑い芸人、ブルゾンちえみ with Bが出演しました。


    旭川冬まつりの歴代ゲストも紹介します。

    ゲスト
    2008年 小島よしお
    2009年 狩野英孝
    鼠先輩
    アントキの猪木
    2010年 東京03
    ゆってぃ
    ジェロ
    2011年 水木一郎
    ガチャピンとムック
    2012年 CLIFF EDGE
    Rihwa
    jyA-Me
    2013年 小島よしお
    スギちゃん
    2014年 錦野旦
    2015年 やしろ優
    2016年 とにかく明るい安村
    どぶろっく
    2017年 永野
    ホリ
    柳ジュン
    浅井未来
    二篠実穂
    2018年 ブルゾンちえみ with B



    祭りの前年にブレイクした芸人や人気歌手が呼ばれる傾向があるようですね。

    旭川冬まつり 2019年のゲストは?


    2019年の旭川冬まつりのゲストがすでに発表されています。


    今年は、人気お笑いコンビ「ANZEN漫才」と中高生に大人気のシンガーソングライター「足立佳奈」が出演することが決まりました。




    引用;浅井企画





    引用;エンタメステーション



    かなり盛り上がりそうですね!


    スポンサーリンク






    旭川冬まつりの駐車場・交通規制


    旭川冬まつりでは、専用の駐車場は設置されません。


    ですので、車で来場する方は周辺の有料駐車場を利用するようにしましょう。


    周辺の有料駐車場などをいくつかピックアップして紹介します。

    タイムズ旭川昭和通8

  • 駐車料金:40分ごとに200円
  • 最大料金:12時間ごと|700円
  • 支払方法:現金・タイムズビジネスカード・クレジットカード
  • 駐車台数:28台
  • 住所:北海道旭川市8条通7
  • タイムズ旭川昭和通8のHPはこちら



    ミウラパーキング6条通8丁目第2

  • 駐車料金:08:00-22:00|60分ごとに200円
  • 駐車料金:22:00-08:00|60分ごとに100円
  • 最大料金:24時間ごと|800円
  • 支払方法:現金
  • 駐車台数:18台
  • 住所:北海道旭川市6条通8丁目37-22


  • タイムズ旭川6・8第2

  • 駐車料金:40分ごとに200円
  • 最大料金:12時間ごと|800円
  • 支払方法:現金・タイムズビジネスカード・クレジットカード
  • 駐車台数:37台
  • 住所:北海道旭川市6条通8
  • タイムズ旭川6・8第2のHPはこちら


    交通規制


    旭川冬まつりの開催期間中は、中央図書館前の通りが車両通行制限区間となります。




    車で来場される予定の方は注意が必要ですね。

    終わりに


    旭川冬まつりは、冬の北海道を代表するお祭りです。


    雪像はもちろん、冬の花火や氷彫刻大会など冬ならではの見どころが満載です。


    ただ、北海道の冬は寒く、最低気温が氷点下15度前後になると予想されているので、寒さ対策を万全にして行くようにしてください。


    この機会にぜひ冬の北海道を訪れてみてはいかがでしょうか。

    スポンサーリンク




    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする