世界一固いアイスは削れるのか?あずきバー専用のかき氷機が発売!

世界一固いアイスともいわれている井村屋のあずきバーを、削ってかき氷にできるあずきバー専用のかき氷機が発売されることになりました!


あんな固いアイスを果たして削ることができるのでしょうか?

スポンサーリンク




どんな商品なのか





かき氷機を発売するのはおもちゃを主に扱うタカラトミーアーツで、簡単アクションで食べ物をアレンジする「おかしなシリーズ」の新作として発売されるそうです。


固いあずきバーを削ることでかき氷にしようというコンセプトだそうで、井村屋の担当者もふわふわの食感と美味しさに非常に驚いたそうです。


これまで、温めて食べるとおしるこになって劇的に美味しくなるとは言われていましたが、これも斬新なアイデアですよね!


アレンジの参考例としては、牛乳を注いでシェイクにしたり、フルーツと一緒に盛りつけたりすると美味しいそうです。


確かに美味しそうですよね!


ちなみに、かき氷機はスティックからアイスを抜いてから削るのですが、スティックを抜くための機械も付属するそうです。


スティックからアイスを抜く時点で大変そうですけどね笑

かき氷機ができるまで





かき氷機の開発にあたっては、固いものを削るということもあってかなりの苦労があったようです。


約9ヵ月間試行錯誤が続いて、試作機ができては上手くいかずということが続き、第6号機にしてようやくあずきバーを削ることに成功したそうです。


かなりの強敵だったんですね笑


このかき氷機発売に対して、ネットからは、

  • これは購入待ったなし
  • 無茶しやがって・・・
  • 硬いから良いのに



など、賛否両論はあるもののかなり期待されていることがわかりますね!

あずきバーはどれだけ固いのか?





これほどまでに固い固いと言われているあずきバーですが、固さの理由を以下のように井村屋が明かしています。

  • 乳化剤や安定剤といった添加物を使用していない
  • 乳固形分が入っていない
  • 空気の含有量が少ない



甘さを抑えていること、さらに空気が少ない中に小豆をぎっしり詰め込んだことであの固さが生まれているそうです。


小豆も、あの1本の中に100粒近く入っているそうです!それは固くもなりますよね笑


さらに、甘さを抑えることによって水分量が増えて、その水分が氷になる割合が増えているので、昔よりも固くなっているそうです!


では、果たしてどのくらい固いのでしょうか?


とある企業が、固さの度合いを測る硬度計で測定したところ、瞬間的ではあるものの世界で2番目に固い宝石のサファイアの固さを上回ったそうです!


そこまで固いとはかなり驚きですよね!笑

スポンサーリンク





ついに凶器となる?





アイスが折れる前に歯が折れると言われて注意喚起が出されているほどですが、その固さゆえについに凶器となってしまった出来事がツイッターに投稿され話題となりました。


あずきバーを買った後に万引き犯に遭遇したという話で、万引き犯に襲われそうになった時に持っていたあずきバーで叩いて応戦したところ、万引き犯が泣き出してその後警察に引き渡されたそうです。


確かにあんな固いもので叩かれたら泣くほど痛いでしょうね汗


みなさんは、あずきバーを凶器として使用しないように注意しましょう!あずきバーはアイスであり食べ物です!


見た目は固いとはいえ、アイス自体は美味しいですし、1972年に誕生して45年経った今も販売されているロングセラーですから、これからもどんどんいろんな話題を振りまいてほしいですね!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする