「フラッシュ撮影のせいでマグロが死んだ」というデマが拡散!

Twitterで「美ら海水族館でフラッシュ撮影をしたせいでマグロがびっくりして壁に激突して死んだというツイートが拡散され、批判が集まりました。


しかし、このツイートがデマであることがわかったのです!

スポンサーリンク




なぜデマと判明?





今回のツイートは「美ら海水族館でフラッシュに反応したマグロが水槽に衝突して死んじゃった 皆フラッシュやめようね」という内容で動画と共に投稿されました。


ところが、美ら海水族館の公式サイトを確認すると、「館内はフラッシュを使ってもかまいません」という記述があるのです!


美ら海水族館の担当者の話だと、マグロはカメラのフラッシュ程度では驚くことはないそうです。


おそらくは、周りの大きな魚にぶつかって驚いてその拍子に壁に激突してしまったのではというのが見解だそうです。


かわいそうですね・・・泣


それに、今回の動画は2013年に撮影された動画を見つけて拡散していただけのようです。


なんだか勘違いも甚だしいですね・・・

過去にはこんなデマも拡散!中には逮捕者も!





嘘やデマというのはやろうと思えばいくらでも作れてしまうものですが、過去にもいろんなデマが拡散され、悪質で逮捕されたケースもあります。

熊本地震で「ライオン逃げた」


熊本地震の直後にTwitterで「地震のせいで動物園のライオンが放たれた」というツイートが投稿され、2万回以上リツイートされたあげく熊本市の動物園に問い合わせが殺到しました。


街中にライオンが解き放たれたらそれはもう怖くてパニックになりますし、リツイートされるのも問い合わせが殺到するのも仕方ない気もします・・・


その後、熊本から遠く離れた神奈川県の20歳の男が、動物園の業務を妨害したとして逮捕されました。


犯行理由は「悪ふざけでやった」とのことです。


熊本地震では他にも、「川内原発で火災が発生した」「熊本城の石垣が崩れて下敷きになった」など、悪質なデマが拡散されてしまいました。


同じ日本人として見てて悲しくなりますね・・・

スポンサーリンク





ホームランボールをキャッチした少年に対する選手のコメント



野球の世界大会ワールドベースボールクラシック(WBC)の初戦で、山田哲人選手が放ったホームラン性の当たりを、フェンス際で少年がキャッチして二塁打となってホームランが幻となってしまいました。


この行為にネットで批判が殺到し、住所や名前が特定されたり警備員に注意される画像などが次々とツイートされました。


ちょっと恐ろしいですよね汗


でも試合後、山田選手が少年に向けたコメントがカッコよかったんです!

きっちりスタンドインさせなかった自分が悪いので、少年を責めないでください。次もスタジアムにグローブ持ってきて欲しい。今度はちゃんとホームラン打つんで



すごくカッコいいですよね!


しかし、そのコメントこそがデマだったんです!


本当のコメントはこちらです。

あのーまぁ…これも野球なんで仕方ないんですけど、ウェイトトレーニングをして打球を飛ばしたいと思います



デマコメントについては、本当に山田選手が言いそうですからみんな信じてしまうんでしょうね。


これは他のデマにも言えることかもしれません。


このように、人は「これはありそうだな!」「本当に言いそうだな!」ということを簡単に信じてしまうということがわかりますね!


最近新しいSNSがどんどん出てきて、デマがますます拡散されやすい世の中になっていますね。


こうなると何が真実なのかわからなくなりそうです笑


常に正しい情報を手に入れるという意識がこれからますます重要になっていくかもしれませんね笑


みなさんも、デマにはくれぐれも注意しましょう!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする