センター試験に出題で波紋!「ムーミン」とムーミン谷について紹介!

先日行われた大学入試センター試験の地理Bで、小説「ムーミン」に関する問題が出題されネットで話題になっています。


そこで、「ムーミン」とムーミン谷にについてご紹介します!

スポンサーリンク




ムーミンとは





出典;ムーミン公式サイト Twitter


「ムーミン」は、フィンランドの作家トーベ・ヤンソン作の小説や漫画シリーズ。


白いカバのような姿のムーミンこと、ムーミントロールが主人公の作品です。


フィンランドでは絶大な人気を誇り、サンタクロースの次に有名で人気な存在と言われているそう。


見た目が可愛いですもんね!


日本でも子供向けに多くの漫画やアニメ、映画が製作され、グッズなども多く販売されて人気となっています。


ムーミンの他にも、スナフキンやミイなどのキャラクターも人気でCMなどで見たことがある人も多いと思います。




出典;dadada dairy


主題歌の「ねえムーミン」というフレーズのも有名です。




「ムーミン」の舞台、ムーミン谷





出典;ムーミン公式サイト


「ムーミン」は妖精たちの住む谷・ムーミン谷でのムーミン達の生活を描いています。


ムーミン谷は、ヤンソン一家が夏に過ごしたスウェーデン群島にあるブリード島がモデルとなっています。


実は、ムーミン谷というのはヤンソンが考えた架空の場所なのです!


現実世界が舞台というわけではないんですね!

スポンサーリンク





センター試験に出題





出典;TRIPS


そんなムーミンですが、なんと今年のセンター試験の地理Bに出題されました。


その問題がこちら。




出典;日本経済新聞


しっかりとイラスト付きですね笑


先述のことを知っていれば、ムーミンはフィンランドに関する作品だと一発でわかりますが、知らなかった人もかなり多かったようです。


ムーミン自体は有名かもしれませんが、アニメや映画が製作されたのはほとんど昭和ですからね汗


しかも、「フィンランドが舞台」というわけではありません。


実際にセンター試験を受けた人やネットで問題を見た人たちの反応は、

  • 何でそんな問題出すのよw
  • 今の子が知ってるわけないだろww
  • ムーミンの舞台はフィンランドじゃなくてムーミン谷



と、驚きの声や出題ミスを疑う声が多くなっています。


その一方で、問題を出題したことに対する批判の声も一部あるとのこと。


全員正解にするべきだと言う声も挙がるほどです。


この問題を落として、足切りになったらたまったもんじゃないですもんね汗


他にも、ムーミン谷はいったいどこにあるのかという議論も生まれています。


答えは、架空の場所なのですが笑

公式や政府の反応は?



こうして話題になったことを受けて、ムーミンの公式などがコメントする事態になっています。


ムーミン公式サイトは、この問題を受けて次のようなツイートをしました。




子供向けっぽくコメントしましたね笑


さらに、大学入試センターは次のようにコメントしました。

キャラクターの知識は直接必要なく、地理Bの知識、思考力を問う設問として支障はなかったと考えている。



画像の景色からフィンランドを想像させたかったようですが、ムーミンじゃなくても良い気がします汗


政府に対してもこの問題についての質問がされ、菅官房長官は、

そうした報道がされていることは承知している。大学入試の個々の問題なので、政府の立場でコメントすることは控えたい



と、かなり困っているようです。


今後ももしかしたら、今回のムーミンみたいな問題が出題されるかもしれませんね汗


その度に、問題にならなければ良いのですが・・・

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする