西部邁が残した遺書の内容は?自殺を手助けした人物がいる疑惑が浮上・・・

(2018.04.06追記)


評論家の西部邁は、今年1月に遺書を残し多摩川に飛び込んで自殺しました。


ところが、自殺を手助けした人物がいる疑惑が浮上し、ただの自殺ではない可能性が高まっています。

スポンサーリンク




自殺の概要





引用;経済プレミア


今年1月21日未明、西部邁が自宅からいなくなっていること長男が気づきました。


探し回った結果、大田区田園調布5丁目の多摩川で両手が縛られ、近くの木と川まで届くロープで結ばれている状態で流されているのを発見されます。


「父親が川に飛び込んだ」と長男が110番通報し駆けつけた警察官によって死亡が確認されます。


そして、現場に遺書らしきメモが残されていたことから自殺と断定されたよう。


以前から体調が悪いと周囲に漏らしていて、そのことも自殺と結びついた可能性がありますね。


こう見ると自殺したと考えるのが自然でしょう。


家族からしたらやるせない思いでしょうね。

西部邁のプロフィール・顔画像


西部邁のプロフィールがこちら。

  • 生年月日:1939年3月15日
  • 出身:東京都大田区
  • 1958年4月、東京大学に入学
  • その後、横浜国立大学経済学部助教授、東京大学教養学部助教授を歴任
  • 東大辞職後は、「朝まで生テレビ」に出演するなど評論家として活躍しながら執筆活動を行う



経済論や国際・政治・皇位継承まで幅広いジャンルで活躍していたようです。


西部邁の顔画像はテレビ出演していたこともあり、かなりの数が公開されています。




引用;産経ニュース




引用;AERA.dot


思ったより穏やかそうな顔立ちですね。

遺書の内容は?





引用;FNN


西部邁が現場に残した遺書の内容はどのようなものだったのでしょうか。


重要な証拠品であることとプライバシーの観点から、遺書の詳しい内容は現在まで明らかにされていません。


わかっている情報は、葬儀を望まないことが書かれていたということだけです。


おそらくは自殺した理由や、今の自分の思いなどが書かれていたことが想像できます。


こちらは何か情報が入ったら追記します。

スポンサーリンク





自殺を前から予告していた?


そうした中で、西部邁は以前から自殺を予告する発言をしていたのです。


まず、自身の著書の中で、

死ぬときは自殺で死ぬ



と書かれています。


さらに、昨年末の対談番組で自分の死について、

もう過ぎましたけど、10月22日という日付を忘れられない。総選挙の日なんです。実はあの日、僕ね、あえてニコニコ笑って言いますけど、実は僕、死ぬ気でいたんです。計画も完了していて



と、自殺を予告する発言をしています。


総選挙がなかったら、その日に自殺していたと考えると恐ろしいですね。


西部邁の中で、自殺して後悔するということは考えてなかったのかもしれません。

自殺を誰かが手助けしていた?


そんな中、西部邁の自殺を手助けした人物がいる疑惑が出てきています。

その後の警視庁の調べで、西部さんの体には、スポーツや工事の際、着用する安全ベルトの一種「ハーネス」が着けられ、そこにロープが結ばれていて、ロープのもう片方は、現場近くの木につながれていたことが新たにわかった。

西部さんは、手が不自由だったことから、警視庁は、何者かが西部さんの自殺を手助けした疑いもあるとみて、捜査している。

引用;FNN




引用;FNN


両手を自分一人で縛るのも高齢の人には一苦労ですし、ハーネスが付けられていたとなると自殺を誰かが手伝った可能性も高いですね。


見方を変えれば殺人と捉えられても不思議ではないでしょう。

自殺を手助けするとどんな罪になるの?





引用;swissinfo.ch


自殺を手助けした場合、自殺のための道具や場所、知識などを提供したとされる自殺幇助罪に当たります。


自殺幇助罪は刑法第202条の自殺関与・同意殺人罪の中に含まれていて、6ヶ月以上7年以下の懲役又は禁錮が課せられます。


自殺を手助けしてその人のためになったかもしれませんが、罪には問われてしまうんですね。

自殺ほう助で男2人を逮捕





引用;FNN


捜査の結果、西部邁の自殺を手伝った疑いで男2人が逮捕されました。

東京・大田区の多摩川で、評論家の西部 邁さん(当時78)の自殺を手伝った疑いで、TOKYO MXテレビの子会社社員の男ら2人が、警視庁に逮捕され、西部さんの長女は、「2人には申し訳なく思っている」と述べた。

西部 邁さんの長女は、「病院死は絶対にしたくないということで。どうして手伝わせちゃったんだろうと、申し訳なく思っている」と語った。

西部さんの知人で、会社員の青山忠司容疑者(54)と、TOKYO MXテレビ子会社社員の窪田哲学容疑者(45)は2018年1月、大田区の多摩川で、評論家の西部 邁さんの自殺を手助けした疑いが持たれている。

西部さんは、手が不自由だったが、安全ベルトとロープが体につけられ、現場近くの木とつながれた状態だったことから、警視庁は、何者かが自殺を手助けした疑いもあるとみて、捜査していた。

青山容疑者らは、「西部さんの死生観を尊重して力になりたかった」などと、容疑を認めている。

引用;FNN


やはり、誰かが手伝っていたんですね。


西部邁の意志だったとはいえ、身内からしたら申し訳ない気持ちでいっぱいになりますよね・・・


なんだか、残念な幕引きです。

ネットの反応

生き抜いて欲しかった。むしろ、その方向で手助けをしてもらいたかった。

Yahoo!ニュースより引用


まさか嘱託殺人罪を知らなかったとも思えないのに、手伝わせてしまったわけで、なんだかやり切れない。生命に関する哲学なり自己決定権があるとはいっても、他人をそこに巻き込んではいけないようには思う。

Yahoo!ニュースより引用


手が不自由なのに
身体をロープで縛られ
さるぐつわをかまされ
遺書まであった

現場見た時最初に思うのは他殺?という感想だと思う

いまごろこんな報道が出てきたのは何故だろう

Yahoo!ニュースより引用


おい待て待て、それって殺人だろが

Yahoo!ニュースより引用



頼まれたからといって、このような形で人生を終わらせてしまうとは、傍から見てもやり切れない思いになりますね。


もっと良い解決方法があったような気がします・・・

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする