有名CMをバカにされ激怒?高須院長が民進党とバトルへ!

高須クリニックの高須克弥院長が、民進党の議員にクリニックのCMをバカにされたとして民進党を提訴することを明らかにしました。


一体どのようにバカにされたのでしょうか?

スポンサーリンク




怒りのきっかけは?





高須院長が怒ったきっかけは、民進党の大西健介議員が厚生労働委員会で悪徳美容外科について質問した内容によるものです。


大西議員は質問に関連して、美容医療の広告に触れて次のような発言をしたそうです。

CMも非常に陳腐なものが多いんですね。みなさんよくご存知のように例えば「イエス○○クリニック」と、クリニック名を連呼するだけのCMとかですね



もはや狙って発言してますね笑


これを知った高須院長は

真面目に40年以上頑張ってきた高須クリニックに悪徳美容外科と同列に質問に混ぜて「あの有名なイエス○○クリニック」って言われて怒りがこみ上げてきた



と、怒りを爆発させました。


同じ立場であんなこと言われたら誰だって怒りますよね。


ただ、大西議員は具体的なクリニック名は出していないというコメントを出していますが、誰もが高須クリニックだとわかるような発言だったので責任は逃れようがないですね。

怒りの高須院長、提訴に踏み切る!





怒りが収まりきらない高須院長は、さっそく顧問弁護士と作戦会議を行ったそうです。


そして、作成会議を終えた高須院長は自身のツイッターを更新し、

ホテルニューオータニに顧問弁護士の伊藤先生に来てもらって作戦会議終了。
明日の朝、民進党大西健介議員と連坊代表を提訴するぞなう。



と、大西議員と所属する民進党の蓮舫代表を提訴することを明らかにしたのです!


しかも1000万円の賠償を請求するそうで、かなり大事の予感がしますね!


提訴するという決断にネットからは、

  • YES!訴訟!
  • いいぞ。もっとやれ。
  • 高須先生頑張れ!虫の息の民進党にとどめをさしてあげちゃってくださいw



と、称賛する声や応援する声が目立っています。


みんな、国会議員に対して日頃からストレスを感じているんでしょうね笑

スポンサーリンク





高須院長は果たして勝てるのか?





今回の場合、高須院長は名誉毀損で提訴を起こすと思われますが、果たして高須院長は賠償額をちゃんと請求できるのでしょうか。


ただ、名誉毀損だけで1000万円を請求するとは何か高すぎる気もしますよね。


名誉毀損の賠償額の相場は今まで100万円といわれてきましたが、最近では400万、500万と高額になってきているようです。


これなら、少しは高須院長にも可能性がありそうですね!


しかし、実は日本国憲法にはこのような記述があるんです。

憲法第51条
両議院の議員は、議院で行つた演説、討論又は表決について、院外で責任を問はれない。



つまり、国会議員の発言については法的な責任を取らせることができないのです!


これだと、高須院長の提訴というのは無駄ということになってしまうのでしょうか?


ただ、法的な責任は問えなくても、政治的責任は問えるようですし、場合によっては国が賠償責任を負うこともあるそうです。


賠償金は勝ち取れなくても、政治的に責任を取らせ謝罪させることぐらいはできるかもしれませんね!


いずれにしても、今回は高須院長の本気度が伺えるので何かしら動きがありそうな予感がしますね!


今後、どういった展開になっていくのか見守っていきたいですね!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする