特別な思い?エンゼルスへ移籍する大谷翔平が背番号17を選んだ理由!

プロ野球・大谷翔平選手が、先日ロサンゼルス・エンジェルスに移籍することが決まりました。


そこで大谷選手が背番号に17番を選んだのには理由があることをご存知ですか?

スポンサーリンク




17を選んだ理由





出典;MLB.com

大谷選手はプロに入ってから日本ハム時代は11、日本代表では16番を付けていました。


そう考えると17番を選んだのは意外ですよね。


では、なぜ17番を選んだのでしょうか。


実は、背番号17は大谷選手が花巻東高校で1年生の時につけていた背番号なのです!



出典;朝日新聞デジタル


花巻東にとって背番号17はエース候補の選手が付ける背番号として受け継がれているそう。


高校のエースピッチャーといえば、背番号1が思い浮かびますよね。


17番になったきっかけは、大谷選手の先輩で西武ライオンズで活躍している菊池雄星選手が、同じ背番号17を付けて大活躍を見せたからなんだそうです。



出典;朝日新聞デジタル


菊池選手同様、高校時代から実力があり期待されていた大谷選手が背番号17を付けるのは当たり前ですよね。


高校への感謝初心を忘れないために17番を選んだんでしょうね!


大谷選手本人も、

僕が新たな気持ちで、ここでがんばっていくときに、17にしようかなと思った



と、発言しています。


大谷選手の謙虚な性格が表れていますね!

スポンサーリンク





他の番号も希望していた?





出典;MLB.com


ただ、大谷選手は17番以外の背番号も希望していたようです。


大谷選手は入団会見で、

背番号は27番を付けたかったが埋まっていたので17番にしました。



と発言しました。


大谷選手の言う通り、背番号27は現在マイク・トラウト選手が着用しています。



出典;なんJクエスト


トラウト選手はメジャーリーグで新人王・MVP2回など数々のタイトルを獲得し、オールスターにも6年連続で出場しているメジャーリーグを代表する選手です。


いくら大谷選手であっても、そんな選手からさすがに背番号は奪えないですね汗


なんと、27番を付けたいと発言したのは、ファンや記者の心を掴むためのジョークだったのです!


入団会見でもトラウト選手の結婚を祝福するコメントをしたことからどうやら本気ではなかったようです笑


こう考えると、大谷選手はかなりジョークが上手いですね笑


では、日本ハム時代に付けていた11番で良いのでは?という声も挙がるかと思います。


ただ、エンゼルスの背番号11は永久欠番となっているので大谷選手が11を付けるのは不可能です・・・


前述のエピソードもあるので、17番が正解かもしれません!


エンゼルスの17番といえば大谷選手と言われるような活躍をこれから見せてほしいですね!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする