大谷翔平がMLB新人王に選出!メジャー1年目で打ち立てた数々の記録!

今年からメジャーリーグに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手がMLBアメリカン・リーグの新人王に選出されました!


二刀流で注目を集め、その期待に見事答えた大谷選手がこの1年で作り上げた数々の記録をご紹介します。

スポンサーリンク




新人王に選出


大谷選手は今シーズン、投手で10試合に先発し4勝2敗、防御率3.31、打者では104試合で打率2割8分5厘、22本塁打、61打点、10盗塁の成績を残しました。


この活躍から新人王候補に選ばれ、選出されるか注目されていました。


そして、日本時間の11月13日、今年のメジャーリーグの新人王が発表され大谷選手が見事選出されました!

エンゼルスの大谷翔平投手(24)が12日(日本時間13日)、ア・リーグの最優秀新人(新人王)に選出された。日本選手では1995年の野茂英雄投手(ドジャース)2000年の佐々木主浩投手、01年のイチロー外野手(以上マリナーズ)以来、17年ぶり4人目の快挙となった。

 新人王は全米野球記者協会会員(BBWAA)の投票で決まる。他の候補者はともにヤンキースで打率・297、27本塁打、92打点の内野手アンドゥハー、同・271、24本塁打、77打点の内野手トーレス。数字で勝るアンドゥハーが最大のライバルとみられたが、二刀流のインパクトが地元の西海岸だけでなく米国全土のメディアにも認められた形となった。

引用;スポニチ






すごい快挙ですね!


新人王の選出が発表された後、大谷選手はMLBの特番に出演して次のように喜びを語っています。

1年目に獲れたのはすごく嬉しいですし、応援してくれた方にとっても嬉しいんじゃないかと思うので、良かったなと思います



すごい謙虚で大谷選手らしいコメントですね!

「二刀流」が打ち立てた数々の記録


高校時代から二刀流として注目され続け、メジャーリーグでもその存在に注目が集まりました。


その期待に次々と答えるように大谷選手は数々の記録を打ち立てていきます。

「ベーブ・ルース以来」


二刀流である大谷選手は、同じく二刀流で野球の神様と呼ばれたベーブ・ルースと比較され続けました。




引用;yahooニュース



その分、大谷選手にかかる期待はかなり大きかったようです。


そのため、大谷選手が記録を打ち立てるたびに「ベーブ・ルース以来」と紹介されていきます。


大谷選手が打ち立てたベーブ・ルース以来の記録がこちらです。

  • 勝利投手が2日以内に打者として出場した試合の初回に本塁打を記録(97年ぶり)
  • 投手として4月に3試合連続本塁打(88年ぶり)
  • 2桁本塁打&投手としての複数勝利(97年ぶり)
  • 投手の4勝&15本塁打達成(99年ぶり)
  • 1シーズンで15本塁打&投球回が50イニングス(99年ぶり)
  • 1シーズンで10試合に先発登板し、かつ10本塁打を記録(96年ぶり)



とてつもない記録ばかりですね!


何年ぶりかの数字を見ると、二刀流がいかに難しいことか分かります。


ここまでインパクトを残したのですから、文句なしで新人王にふさわしいですね!

スポンサーリンク





二刀流としての記録




引用;NumberWeb



ベーブ・ルース以来の記録以外にも大谷選手は二刀流として数々の記録を打ち立てました。


その記録がこちらです。

  • 10試合で2勝&3本塁打(99年ぶり)
  • 同一シーズンで3試合以上先発登板している選手が4番で出場(57年ぶり13人目)
  • 二刀流選手としては初の週間MVP選出
  • 1ヶ月での4本塁打、25奪三振達成(47年ぶり4人目)
  • 投手が1シーズンで4勝以上&4盗塁以上を記録(46年ぶり3人目)
  • 1シーズン3試合登板、15本塁打、8盗塁(130年ぶり)
  • シーズン9盗塁&10登板以上(103年ぶり)
  • 投手としてシーズン10試合登板、20本塁打、8盗塁以上(史上初)



凄いを通り越して凄すぎますね(笑)


特に一番下のメジャー史上初の快挙は本当にすばらしい記録ですね!

打者としての記録




引用;日刊スポーツ



二刀流で活躍を続けていた大谷選手ですが、シーズン途中に右肘靭帯の損傷が見つかり、中盤から終盤にかけては打者として出場を続けました。


しかし、大谷選手は打者としても数々の記録を打ち立てていきます。

  • 日本人メジャーリーガー1年目の本塁打記録更新
  • 日本人がメジャー1年目で20号到達(史上初)
  • シーズン2度目の週間MVP選出(1996年の野茂英雄以来)



打者としても日本人メジャーリーガーの歴史に名を刻むとは凄いですね!


大谷選手の打撃センスがすばらしい証拠でしょう。

大谷選手の来シーズン





引用;スポーツナビ


1年目から目覚ましい活躍を見せた大谷選手ですが、損傷が見つかった右肘の靭帯を直すため、靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)をシーズン終了後に受けました。


手術のリハビリのため、来シーズンは投手として投げることは出来ず打者としてのみ出場することになるそう。


あの剛速球やピッチングが来シーズン見れないのは残念ですが、その分打者として今シーズン以上の活躍を見せてほしいですね!

終わりに


開幕前からどのような活躍を見せるのか注目された大谷選手ですが、予想以上の活躍を見せ、その活躍ぶりは「SHOWTIME」と呼ばれ瞬く間に全米の注目の的となりました。


肘の具合が少し心配されますが、まだ24歳ですし大谷選手なら必ず乗り越えてくれるでしょう!


来シーズンも大谷選手の「SHOWTIME」から目が離せませんね!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする