大谷翔平不在でプロ野球交流戦が廃止危機?影響力ありすぎだろwww

今シーズンもセ・パ交流戦が始まりましたが、大谷翔平選手の不在で交流戦が廃止の危機を迎えているそうです!


大谷選手が一体どのような影響を与えているのでしょうか?

スポンサーリンク




交流戦の歴史





交流戦は2005年シーズンから始まり、今までレギュラーシーズンで対戦することがなかったセ・リーグとパ・リーグのチームが対戦する試合のことです。


今年でもう13年目を迎えるんですね。


交流戦の勝敗がシーズンの順位に直結するため、交流戦を制する者がレギュラーシーズンを制するとも言われています。


近年は、パ・リーグのチームが対戦成績を圧倒しており、両リーグの力の差が少し浮き彫りになりつつあります。


こういうことがわかるのも交流戦ならではですね!

いろんな意味で痛すぎる大谷の不在





投手と野手の二刀流として、プロ野球界に欠かせない存在となっている大谷翔平ですが、昨シーズンに痛めた足首のケガ左太もも裏の肉離れの影響で、今シーズンもまだ1軍での出場がありません。


さらに、今シーズン前に行われた野球の世界大会WBCにも出場を辞退し、日本のみならずメジャーリーグでのデビューを期待するアメリカのメディアをも落胆させてしまいました。


大谷の異次元のプレーが見れないのは残念ですし、ある意味今シーズンの楽しみが一つ減ったと言っていいかもしれませんね。


大谷不在のせいもあってか、チーム自体も波に乗れずに苦しんでいるようです・・・


日ハムファンからしたら、一刻も早く戻ってきてもらいたいですよね・・・

スポンサーリンク





交流戦廃止危機の裏側





そもそも、交流戦が始めるにあたってはセ・リーグは乗り気ではなかったそうです。


そして、始まった後もかなり経営に頭を抱えているそうです。


乗り気じゃかった上に経営が苦しくなるとは、かわいそうですね。


頭を抱える理由はいくつかあるのですが、大きくこの2つあげられます。

  • 戦績がパ・リーグの独壇場
  • もうけが少ない


戦績のことは先ほど説明したとおりですね!


もうけが少ないというのは観客動員が減ってしまって売上が伸びないことが原因のようです。


どうやら普段から戦っているセ・リーグのチーム以外と戦うというのは、新鮮味がある代わりに観客動員が減るという傾向があるようなんです。


これは少し意外ですね!


なので、セ・リーグの球団は交流戦の継続に否定的で、一部からは「今すぐにでもやめたい」という声もあるそうです。


その煽りなのか、2005年には36試合制だったのが、今は半分の18試合制になってしまっています。


これだと、あっという間に終わってしまいますよね・・・


でも、大谷のような選手が出場することになれば、「大谷を生で見たい!」というファンがチケットをどんどん買うことになるので、動員や売上は確実に増えることが期待できます。


ただ、大谷が交流戦中に戻ってこれるかが微妙な状況なので、今シーズンも動員や売上が伸びない気がします。


さらに、大谷は今後メジャーリーグに行く可能性が非常に高いので、ますます球団運営が厳しくなるのは目に見えていますよね!


こう見ると、もはや交流戦をやる必要があるのか多少疑問にもなってきますよね汗


ただ、プロ野球ファンからしたら、シーズンの楽しみの一つである交流戦がなくなってしまうのは寂しいですよね・・・


大谷みたいなすごい選手が今後現れてくれたら、継続の可能性が大きく広がると思うので、そのあたりを期待したいですね!


いずれにしても、大谷の1日も早い復帰を願うばかりです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする