こんな意味だったの!?大人気のお肉、スパムの意外な意味が明らかに!

スパムむすびや、お弁当のおかずなどに使われ大人気のスパムですが、そのスパムがどういう意味なのか知っているでしょうか?


実は意外な意味がこめられていたんです!

スポンサーリンク




謎に包まれた肉、「SPAM」





スパムとは、ランチョンミートの缶詰のことで、ソーセージの材料を型に詰めたもののことだそう。


海外では謎の肉、「ミステリーミート」と呼ばれているそうです。


見た目は確かに少し謎に包まれているような気もしますが笑

スパム(SPAM)の本当の意味





「SPAM」と聞くと、宣伝や勧誘を目的とした迷惑メールの意味の「スパムメール」が思い浮かぶ人も多いと思います。


お肉の「SPAM」はもちろんそういう意味ではありません笑


お肉の「SPAM」の本当の意味はというと・・・


なんと、Sizzle. Pork. And. Mmm’」の頭文字を取っているそうなんです!


予想の斜め上を行った意味ですね汗


Sizzleとは「ジュージューという音」の意味で、肉を焼いている時の音だそう。


Porkはそのままの意味で「豚肉」のことです。


そしてMmmは「ウーン」という擬音語で、おいしいものを食べたときに思わず口から出てしまう言葉の意味だそう


結論を言うと、「ジュージューと音を立てて焼くとウーンと口から出てしまうほど美味しい豚肉」ということでしょう!


実際、美味しいですもんね笑

スポンサーリンク





スパムの歴史





そもそもスパムがいつからあるのかあまり知られてはいないですよね?


スパムは主に沖縄で人気が高いですが、そこにルーツがあるようです。


スパムは、第二次世界大戦やそれ以前からアメリカ軍隊の保存食として使われていたようです。


それがきっかけで沖縄など米国外の米軍駐留基地のある地域では、スパムを含むランチョンミートを消費する食文化が発展したとのこと。


だから沖縄で人気が高いんですね!


スパム自体は1937年に発売が開始されて、アメリカを中心に1959年までに10億個が消費されたそう!


だから、80年も愛される食品になっているんですね!


スパムはいろんな料理に使えますし、美味しいお肉なので今度皆さんが食べる時はウーンと口に出して美味しくいただいてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする