となみチューリップフェア 2019年の見頃は?駐車場や前売り券の情報などを紹介!

2019年のとなみチューリップフェアは、2019年4月22日(月)~2019年5月5日(日)まで砺波チューリップ公園で開催されます。


富山県で有名なチューリップが一面に広がる美しい風景を見ることができます。


そんなとなみチューリップフェアの見どころや駐車場・前売り券の情報などを紹介します。

スポンサーリンク




となみチューリップフェアとは?




引用;となみチューリップフェアHP



となみチューリップフェアは、毎年4月下旬からゴールデンウィークにかけて行われている砺波チューリップ公園のイベントです。


国内最大級のチューリップの祭典で、毎年30万人以上もの人が訪れているそう。


そのチューリップの数も、700品種300万本ものチューリップを楽しむことができます。


チューリップにこんなに品種があったんですね汗

なぜチューリップが有名?




引用;富山県花卉球根農業協同組合HP



皆さんは、社会の授業で「富山県はチューリップが有名」と習ったことはありませんでしたか?


なぜ富山県はチューリップが有名なの?とお思いの方もいらっしゃるでしょう。


実際、チューリップは元々中央アジアで自生されている花です。


それがなぜ日本の、しかも富山県で有名になったのでしょうか。


ポイントの一つに、富山県が水田ばかりあって、なおかつ砺波地方が冬に雪が降り積もる豪雪地帯だからという点があります。


冬に雪が降り積もるので、砺波地方は1つの畑で1年に1度作物を作る水稲の単作には向いていない地です。


そこで水田の裏作として目がつけられたのがチューリップだったのです。


秋に植えられた球根は、冬になると雪が降り積もることによって雪が防寒と保温の役割を果たしてくれます。


さらに、花が咲く春になると富山県は日照時間が長く、さらに山からの雪解け水で豊富で良質な水が流れてくるので、チューリップ栽培に適した環境が整うわけです。


まさに、富山県はチューリップ栽培にはうってつけの場所ということになりますね!


富山県がチューリップで有名になるのも納得ですね!

となみチューリップフェア 2019年の日程・アクセス


2019年のとなみチューリップフェアは4月22日(月)~2019年5月5日(日)に行われます。

日にち 4月22日(月)~2019年5月5日(日)
時間 8:30~17:30(最終入園:17:00)
会場 砺波チューリップ公園
地図
アクセス JR城端線 砺波駅から無料シャトルバス
車で高岡砺波スマートI.Cもしくは砺波I.C下車
シャトルバス情報 JR砺波駅南口から片道5分、往復15分程度で随時運行
運行時間は8:30(砺波駅発)~16:30(会場北門発)



スポンサーリンク





となみチューリップフェアの見どころ


では、となみチューリップフェアの見どころを紹介していきます。

チューリップタワー




引用;北陸・信越観光ナビ



砺波チューリップ公園にある、チューリップの形が目印の公園のシンボルです。


約20mの高さがあり、地上15mの位置に展望台が設けられています。


展望台からチューリップ畑を見下ろすと、アートのような形をしているチューリップ畑を見ることができ、美しいという表現では表せないほどの風景が広がります。


ちなみに、となみチューリップフェアのメインを飾る大花壇では毎年地上絵が描かれています。


2019年は「魔法」をイメージし、お客さんに笑顔の花を咲かせてまるで魔法にかかったような演出でお迎えしたいとの思いが込められているそう。


そのイメージ図がこちらです。




引用;チューリップ四季彩館HP



当日、どんな光景が見えるか楽しみですね!


近くで見るチューリップも良いですが、遠くから見るチューリップも良いなと思わせてくれるのでタワーに登ってみることをおススメします。

花の大谷




引用;砺波市



道の両側を、チューリップの壁で覆われている光景を楽しむことができます。


これは富山県を代表する観光地、立山黒部アルペンルートの「雪の大谷」をチューリップで再現しています。




引用;ぐるたび



様々な品種のチューリップに取り囲まれて、別世界に居るような空間を味わえます。


壁がチューリップで覆われている光景はなかなかお目にかかれませんので見る価値はありそうですね!

チューリップ四季彩館




引用;砺波市



砺波チューリップ公園内にあり、屋内で様々な品種のチューリップを楽しむことができます。


館内は、1年中チューリップを鑑賞できる「ワンダーガーデン」とチューリップの歴史や栽培方法を学ぶことができる「アンダーファーム」があります。


さらに、お土産コーナーやカフェスペースもありますので、園内を回った後に訪れてみてはいかがでしょうか。

その他のイベント


となみチューリップフェアでは、この他にも日によって様々なイベントの開催が予定されています。

日にち イベント名 時間 場所
4月22日(月) 開会式 11:00~ 野外ステージ
富山県警察音楽隊コンサート ①13:00~
②14:00~
野外ステージ
4月27日(土) 走れ!ミニ列車 9:00~16:00 大花壇通路
4月28日(日) プリンセスチューリップ表彰式 11:00~ 野外ステージ
走れ!ミニ列車 9:00~16:00 大花壇通路
4月29日(月) 越中民謡の調べ 9:30~11:30 野外ステージ
チューリップ踊り 14:00~ 野外ステージ及びみんなの広場一円
5月3日(金) jazzコンサート ①13:00~
②15:00~
野外ステージ
出町子供歌舞伎曳山 11:00~
5月4日(土) 交流都市観光PR・物産展 10:00~16:00 みんなの広場
5月5日(日) 砺波高校吹奏楽コンサート ①9:30~
②11:00~
野外ステージ
砺波工業高校吹奏楽コンサート ①13:30~
②15:00~
野外ステージ
ミニロボットと遊ぼ ①9:00~12:00
②13:00~16:00
みんなの広場



こちらも楽しみですね!


様々な見どころを紹介してきましたが、実際のイベントの様子が公式HPに動画で紹介されていますので載せておきます。





チューリップの光景がとても美しいですね!

砺波チューリップ公園の園内マップ


砺波チューリップ公園の園内マップは以下の通りです。




引用;となみチューリップフェアHP


※2018年の情報なので、2019年の情報が更新されたら掲載します。


すべて回り切ろうとなると、2時間以上かかるようなので、園内マップを参考にしてどういうルートで回るか事前に計画を立てておくのもアリですね。

スポンサーリンク





2019年の見頃は?


チューリップの見頃ですが、チューリップフェア開催中ずっと続くと思われます。


その理由は、主催者側がチューリップフェア中に見頃を迎えられるようチューリップの開花を調整しているからなんだそう。


だから、美しいチューリップの風景を見せることができるんですね!


なので、見頃は特に気にせずに行くことができそうですね!

前売り券情報


となみチューリップフェアの前売り券が現在発売されています。


前売り券は、当日券より100円引で購入することができるので行く予定のある人は前売り券を購入することをおススメします!


ただし、4月22日(月)以降は当日券と同額になりますので注意してください。


入場料は以下の通りです。

前売り券 当日券
大人
(高校生以上)
900円 個人 1000円
団体20名以上 900円/人
小人
(小中学生)
200円 個人 300円
団体20名以上 200円/人
小学生未満 無料 無料


※5月5日は中学生以下無料となります。
※障がい者手帳提示者及び付き添いの方1名は入場無料となります。
※ジョイフルカード(4名様まで)、JAFカード(6名様まで)の提示で100円引きとなります。
※JR城端線をご利用の方は砺波駅にて300円割引き券が配布されます。

また、前売り券は以下の場所で購入できます。

  • チケットぴあ(Pコード:991-956)
  • セブンイレブン
  • ローソン(Lコード:53105)
  • ファミリーマート
  • ポプラ(富山県・石川県)
  • スマチケ対応可(eプラス)
  • 道の駅「砺波」観光案内所
  • JR城端線砺波駅 観光案内所
  • チューリップ四季彩館内 ミュージアムショップ



スポンサーリンク





となみチューリップフェアの駐車場・交通規制


となみチューリップフェアが開催される砺波チューリップ公園には、約3700台収容できる駐車場がありますので、そちらを利用するのが良いでしょう。

  • 普通車:500円
  • マイクロバス:1,000円
  • 大型バス:2,000円

  • 念のため、砺波チューリップ公園以外の駐車場の情報もご紹介します。

    砺波駅前広場駐車場

  • 住所:山梨県甲府市古府中町1501
  • 駐車料金:無料
  • 駐車時間:24時間
  • 駐車台数:12台


  • 砺波駅南駐車場

  • 住所:富山県砺波市山王町2−2
  • 駐車料金:入場した時から30分まで無料
  • 入場したときから30分を超え60分まで200円
  • 入場したときから60分を超え24時間ごと300円
  • 駐車時間:24時間
  • 駐車台数:90台


  • 砺波駅南第2駐車場

  • 住所:富山県砺波市山王町12-1
  • 駐車料金:入場した時から30分まで無料
  • 入場したときから30分を超え60分まで200円
  • 入場したときから60分を超え24時間ごと300円
  • 駐車時間:24時間
  • 駐車台数:34台


  • 交通規制


    となみチューリップフェアでは、砺波チューリップ公園の周辺で一部交通規制が実施されます。


    交通規制の詳しい情報はまだ発表されていませんので、発表され次第掲載します。

    終わりに


    となみチューリップフェアは、日本最大級のチューリップの祭典となっています。


    700品種のチューリップが一面に咲き誇る光景は、圧巻の一言です!


    さらに今年のゴールデンウイークは10連休なので、家族旅行などにはうってつけのイベントではないでしょうか。


    インスタ映えしそうな写真もいっぱい撮ることができそうです!


    この機会にぜひ満開のチューリップを見に富山県を訪れてみてください!

    スポンサーリンク




    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする