シリコンバレーより欲しい人材とは?トヨタの求人広告が斬新だと話題に!

トヨタが最近出した求人広告で、出した場所と求人の対象が斬新だと話題になっています!


いったいどのような広告なのでしょうか。

スポンサーリンク




斬新なトヨタの求人広告





斬新なトヨタの求人広告ですが、その広告がこちらです。





広告の一つに、「シリコンバレーより南武線エリアのエンジニアが欲しい」とあります。


この広告は、実はJR南武線の各駅に掲載されている求人広告なんです!


他にも、次のようなかなり斬新なキャッチコピーが掲載されています。


  • ネットやスマホの会社のエンジニアともっといいクルマをつくりたい
  • えっ!?あの電気機器メーカーにお務めなんですか!それならぜひ弊社にきませんか




このキャッチコピーはかなり客の目を引きそうですね!笑

なぜ南武線エリアの人材を求めてるの?





山手線ほど浸透はしていないであろう南武線ですが、トヨタはなぜ南武線エリアの人材を求めて求人広告を出したのでしょうか?


南武線は神奈川県の川崎駅から東京都の立川駅までを結ぶ路線で、その沿線に大企業の工場・開発拠点が多く立地しているんです!


例をいくつか挙げると

  • 川崎駅・・・東芝
  • 向河原駅・・・NEC
  • 武蔵中原駅・・・富士通



確かに大企業が揃っていますね!


大企業に勤める人材を狙うとはさすがトヨタと言った感じでしょうか笑


この広告について、ネットの反応は

  • 攻めてるな笑
  • IT系エンジニアの優秀な人を全部引っこ抜く気なのか



と、トヨタの戦略を称賛する声などが多くありました。

スポンサーリンク





果たしてトヨタの狙いは?





今回の求人広告ですが、実は駅ごとにキャッチコピーが変わっています。


たとえば、NECがある向河原駅では、「電気機器メーカー」の記述が「先端メーカー」に変わっていたり、同じ駅でも上り下りのホームで文言をがらりと変えたりしているのだとか。


この広告について、トヨタの広報担当は、

自動運転やコネクティッド技術といった、将来を見据えたエンジニアを確保することが課題。ネットで反響があることも存じていますが、それよりも採用活動への効果に注目しています



と、話しているそう。


南武線のみならず他の路線でも同じような手法が使えそうな気もするので、どこか別の企業でこのような広告を出すと面白いかもしれませんね!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする