意外な原因も?焼肉を食べて下痢になってしまう理由とは!

焼肉を食べて、よくお腹を下して下痢になってしまうという方がよくいるそうです。


いったい下痢になってしまう原因は何なのでしょうか?

スポンサーリンク




焼肉で下痢になってしまう原因





焼肉といえば、スタミナを付けたいときとか頑張った自分へのご褒美として食べに行くことが多いと思います。


日本人が好きな食べ物ランキングでは、必ず上位にランクインするほど!


とにかく美味しいですので、行くとお腹いっぱい食べてしまいますよね!笑


そんな美味しい焼肉を食べて下痢になってしまう人は、いったいどんな原因で下痢になってしまうのでしょうか。

なぜ下痢は起こる?


そもそもどういう現象が体で起きると下痢になるのでしょうか。


下痢の原因は腸のぜんどう運動活発化、または腸の消化吸収機能の低下が原因とのこと。


腸のぜんどう運動とは腸の収縮運動により、便を体外に排出させようとする動きのことで、便秘の人はぜんどう運動の活発化が大事だと言われています。


下痢の時に胃腸がグルグルとなっているように感じるのはぜんどう運動が原因かもしれませんね。


これをふまえて、焼肉で下痢になってしまう原因は次のようなことが考えられるそう。

消化不良





焼肉を食べてから数時間後から翌日に下痢になる人は消化不良が原因となっている可能性があるそう。


焼肉を消化する場合、脂質・たんぱく質を分解する消化酵素により消化を行うとのこと。


この消化酵素のどちらかあるいは両方の生成が少ない人は、肉が消化されないまま腸へ運ばれます。


このことによって、肉の脂肪自体にぜんどう運動亢進作用があるのと、悪玉菌が増加することで下痢を起こしやすいということなんだそう!


安い肉だと大丈夫だけど、霜降りや脂身などの高いお肉を食べると下痢になるという人は脂質の消化酵素が足りないということになります!


こういう人は、むやみに贅沢ができないのはかわいそうですね汗


消化酵素量よりも肉の量が上回ったときにも同じ状態になるとのこと。


胃もたれもこの消化不良が原因で起こると言われています。


せっかくだからと言って、食べすぎるのは良くないのですね笑

アレルギー





食べてすぐに、または数時間後に下痢になる人は牛肉アレルギーの可能性があるとのこと。


アレルギーはみなさんのご存じのとおり、体が過敏に反応してしまいますよね。


牛肉アレルギーの人が焼肉を食べると腸が過敏に反応して下痢を起こしてしまうとのこと。


場合によっては拒絶反応で吐いてしまう人もいるとのこと。


アレルギーの場合は、気づかないことも多いので注意したいですね汗

焼肉に欠かせない食材





焼肉に欠かせない食材といえば、にんにくが考えられると思います!


焼肉と相性バッチリで、主にタレに入ってことが多いですよね!


ただ、実はにんにくも下痢になる原因となっている可能性があるとのこと!


にんにくが原因というのは意外ですね!


その原因は次の2つが考えられるそう。

  • にんにくアレルギー
  • にんにくに含まれる成分が腸を刺激している



にんにくも焼肉に行くと食べ過ぎてしまいがちなので要注意ですね汗


この下痢になってしまう原因に対して、ネットの反応は、

  • 日本人の身体はつくづく贅沢と相性が悪いなあ
  • 油もの食うと下痢するのは当然だろう
  • 体質に合わないんだろうから肉止めたら?



と、様々な声が挙がっています。

スポンサーリンク





対処方法は?





では、いったいどうやって下痢を対処すればいいのでしょうか。

アレルギーの場合


アレルギーの場合は、食べないこと、または病院に行って検査を受けてみることが考えられるでしょう。

消化不良の場合


消化不良の場合は、食べ過ぎないことよく噛んで食べることで下痢を抑えられるとのこと。


また、肉の量を減らすという意味でご飯や野菜と一緒に食べることも胃もたれや下痢予防につながるようです。


市販の胃腸薬を飲むのも対策になるとのこと。

にんにくの場合


にんにくの場合、アレルギーの方は食べないことが対策となるでしょう。

にんにくに含まれる成分が原因の場合は、タレを加熱することによって腸による刺激を抑えられるそう。


家だと実践できそうですね!


あとは摂取量を抑えることが下痢予防に繋がるようです。


こう考えてみると思いっきり美味しいものを食べたいのに、体というのは都合よくできていないものなんですね・・・

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする