山形花笠まつり 2018年の場所やゲストは?3日間の日程や見どころを紹介

2018年の山形花笠まつりは、2018年8月5日(日)~2018年8月7日(火)に行われます。


東北四大まつりの一つとして全国に知られています。


そんな山形山笠まつりの日程や見どころを紹介します。

スポンサーリンク




山形花笠まつりとは?



引用;日刊シティ情報ふくしまweb



山形花笠まつりは、毎年山形市内のメインストリートで行われているお祭りです。


威勢のいい掛け声と花笠太鼓の勇壮な音色とともに、艶やかな衣装と紅花をあしらった笠を手にした踊り手が群舞を繰り広げる華麗なお祭りになっています。


来場者数は毎年100万人を超えていて、仙台七夕・青森ねぶた・秋田竿燈と並ぶ東北四大まつりと呼ばれ、東北を代表するお祭りとして親しまれています。

スポンサーリンク





山形花笠まつり 2018年の日程・場所・アクセス


今年の山形花笠まつりの日程と場所、アクセス、交通規制を紹介します。

イベント名 第56回山形花笠まつり
日程 2018年8月5日(日)~2018年8月7日(火)
場所 国道112号線(ほっとなる通り)
地図
アクセス 山形駅から徒歩10分


交通規制


祭り当日は、パレードの場所となるほっとなる通りやその周辺で交通規制が行われます。


その間は、車の通行ができなくなるのでご注意ください。


<規制時間>17:50~22:00



引用;山形花笠まつりHP


山形花笠まつりの由来・起源は?


では、山形花笠まつりの由来や起源は何なのでしょうか。


花笠まつりは、元々山形県や市などが中心となり、蔵王の観光PRを目的とした「蔵王夏祭り」が起源とされてます。


その蔵王夏祭り内のイベントの一つに、「花笠音頭パレード」がありました。


この花笠音頭パレードが、昭和40年(1965)から、単独の「山形花笠まつり」として、現在のパレードを行う形となりました。


元々はパレードが由来だったんですね!

山形花笠まつりの見どころ




引用;山形県HP



山形花笠まつりの見どころを、動画を交えながら詳しく紹介します。


見どころは、まず勇ましい掛け声です。


「ヤツショ、マカショ」の掛け声と花笠太鼓が高らかに響き渡ります。


この、「ヤッショ、マカショ」の掛け声は、山形県村山地方で歌われていた「土突(どんつ)き唄」の掛け声が由来と言われ、また一説には、同じ囃子ことばが、最上川河口の港町酒田市の民謡「酒田舟方節」にもあり、それを取り入れたともいわれています。


ダイナミックな踊りと、やまがたの花である『紅花』をあしらった笠の波がうねり咲きこぼれます。


最近では従来の踊りに加え、趣向を凝らした踊りも増えてきて、祭りを盛り上げています。


踊り手は3日間で総勢約1万3千人(約150団体)にも及びます。


すごい数ですね!


去年の山形花笠まつりの様子です。





掛け声と踊り手の躍動感がよくわかりますね。


公式サイトには花笠の踊り方が載っていますので、祭りに行かれる方はチェックしてみてください。⇒花笠の踊り方

飛び入り参加も可能


また、山形花笠まつりは一般の方も飛び入り参加が可能です。


チャンスは2回あって、まず18:10~18:30ごろにゴール付近の市役所前で行われる輪踊りです。


輪踊りでは、踊りを教えてくれる先生がいるので、初心者の方でも安心して参加できます。


去年の輪踊りの様子です。




そしてラストチャンスは、花笠パレード最後尾の飛び入りコーナーです。


20:30~21:30ごろに参加できて、飛び入りコーナーのプラカードが目印です。


踊りの先生はいませんが、誰でも参加可能ですので、一緒にパレードで踊りたいという人はぜひ参加してみてください!


スタート地点・ゴール地点・輪踊りコーナーなどの場所やパレードの時間などはこちらをチェックしてください⇒花笠パレードコース

山形花笠まつり 2018年のゲストは?


山形花笠まつりでは、例年芸能人や歌手がゲストとして日替わりで登場し、パレードに参加しています。


今年のゲストがすでに発表されています。

日にち ゲスト
8月5日(日) 大塚文雄 橋本マナミ 三浦昌朗(ロケット団) 池田美保 服部幸應
8月6日(月) 大塚文雄 小林綾子 最上川司 松倉とし子
8月7日(火) 大塚文雄 テツandトモ 華村あすか



歌手からタレント、お笑い芸人まで様々なゲストが出演して、盛り上がりそうですね!

スポンサーリンク





山形花笠まつりの駐車場は?


会場まで車で来るという方も中にはいると思いますので、駐車場の情報も掲載します。


近隣に無料の駐車場はありませんので、近くの有料駐車場を利用しましょう。


その中でも比較的安く、駐車台数が多い場所をピックアップしてまとめましたので紹介します。

七日町商店街駐車場(N-GATE NANOKAMACHI)

  • 駐車料金:08:00-17:00|30分ごとに150円
  • 17:00-08:00|60分ごとに100円
  • 支払方法:現金・中心街共通駐車サービス券
  • 駐車台数:202台
  • 住所:山形県山形市七日町1丁目1 七日町1丁目
  • 七日町商店街駐車場のHPはこちら



    山形市中央駐車場

  • 駐車料金:07:00-22:00|最初の1時間250円・以後30分毎100円
  • 宿泊駐車:17:30-8:30|1台660円
  • 支払方法:現金・中心街共通駐車サービス券
  • 駐車台数:425台
  • 住所:山形県山形市旅篭町2丁目2−2−13
  • 山形市中央駐車場のHPはこちら



    山形県営駐車場

  • 駐車料金:07:00-22:30|最初の1時間250円・以後30分毎100円<
  • 夜間駐車:21:30-8:00|500円
  • 支払方法:現金
  • 駐車台数:300台
  • 住所:山形県山形市旅篭町3丁目5−10
  • 山形県営駐車場のHPはこちら



    七日町パーキングプラザ2

  • 駐車料金:09:00-19:00|最初の30分200円・以後30分毎160円<
  • 夜間駐車:19:00-09:00|30分110円
  • 支払方法:現金
  • 駐車台数:300台
  • 住所:山形県山形市七日町2丁目1−17
  • 七日町パーキングプラザ2のHPはこちら



    終わりに


    山形花笠まつりは、山形の夏を彩る華麗なお祭りです。


    大人から子供まで十分楽しめるお祭りになっています。


    誰でも飛び入り参加が可能なので、時間が合う人はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

    スポンサーリンク




    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする