座間市9人殺人事件、白石隆浩容疑者が死刑にならない可能性も!?その理由とは・・・

神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が発見された事件で、白石隆浩容疑者が殺人容疑で逮捕されました。


しかし、白石容疑者が死刑にならない可能性があるというのです!

スポンサーリンク




事件の概要




出典;yahooニュース


今回の事件は、東京都八王子市に住む女性が行方不明となり、白石容疑者の部屋から女性を含む9人の遺体がクーラーボックスから見つかったことで発覚しました。


白石容疑者はTwitterで「首吊り士」のアカウント名で、自殺願望をつぶやいている女性にメッセージを送って自殺の仕方などを教えていたようです。


そうしていた中で被害者と直接会うことを持ち掛けて自宅アパートに呼んだところを殺害し、さらに遺体をバラバラにしてクーラーボックスに保管していたと見られています。


かなり狂気的な事件ですよね・・・


9人全員の身元も判明し、被害者の遺族やその周りでは悲しみに包まれています。

スポンサーリンク





なぜ死刑にならない?




出典;yahooニュース


9人を殺害したにもかかわらず、なぜ死刑にならない可能性があるのでしょうか。


その理由は、公判の際に自らの主張を変えてしまう可能性があるからです。


今回の事件は、自殺願望を持った人を狙って犯行に及んでいます。


仮に、公判で「被害者に頼まれて殺害した」と主張して、それが認められた場合、ただの殺人ではなく嘱託殺人ということになります。


殺人の最高刑が死刑なのに対し、嘱託殺人の最高刑は懲役7年で、複数人の殺害で併合罪となっても10年半なんだそう。


つまり、嘱託殺人と認められた場合死刑にならないということなんです!


こうしてみると量刑に雲泥の差がありますね・・・


ただ、これだけの人を殺しておいて嘱託殺人が認められるとは考えにくいですよね。


それに女性に加えて被害者の彼氏までも殺害しているので、立派な殺人が成立する気がします。


でも仮に死刑にならなかったとしたら、被害者の遺族からしてもやるせないですし、世間も納得しないでしょう。


現在、取り調べに対して供述が二転三転していたり、供述書のサインを拒否したりと、簡単に終わりそうな事件ではない気がします・・・


今後事件がどう向かっていくのか注目したいですね!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする